人と地域を結ぶ。株式会社 朝日建設コンサルタント

道路・橋梁-03

道路・橋梁

「道路」は、経済活動や県民生活を支えるもっとも基本的な社会基盤としての役割をもっています。 このため、都市部の交通渋滞の緩和をはじめ、沿道環境の保全、景観整備、県内市町村のアクセス機能の向上、離島地域の活性化等、安全で快適なまちづくりを支える道路整備が行われています。
電線共同溝

電線共同溝

現在、電柱によって地上に張り巡らされている電線類は、都市の景観を損ね、通行や消防活動を妨げたり、台風・地震等の災害時に切断され、二次災害の発生等の問題点が指摘されています。
電線共同溝は、災害に強く、機能的な道路空間と美しい町並みを形成するため、電線類及び光ファイバーをまとめて歩道に収容する施設で、低コスト化・工期短縮が図れるとともに、増設や維持・管理が容易という点でも優れています。 
image001-302x123

景観設計

沖縄らしい美しい風景は、地域への誇りと愛着を育むとともに、観光産業推進にもつながる大切な資源です。公共事業は地域の景観の形成を先導するといわれており、単に機能や安全性の基準を満たすだけの設計ではなく、同時に美しい風景・景観を保全・創出することが求められています。
弊社では、道路や河川、港湾、海岸などの公共土木設計において、良好な景観を保全・創出する景観設計業務を積極的に展開しています 
都市計画

都市計画・上下水道

都市計画(としけいかく、英語urban planning, city planning)事業は、都市の健全な発展と秩序ある整備を図り、劣悪な居住環境からくる国民の健康問題を解決し、都市景観を良くする、等のために、土地利用のあり方、都市施設(街路・公園等)の整備、市街地開発について計画を策定し、その具現化を図るものです。
河川・海岸

河川・海岸・砂防等

沖縄県は亜熱帯地域に属しており、梅雨時には降雨が集中すること、台風常襲地域であること、また、島嶼県で海岸線が長いことなどから、水害や高潮災害を受けやすい自然条件下にあります。このため、河川整備や海岸保全は効率的な災害対策はもとより、治水・利水・環境の調和のとれた河川整備、防護・環境・利用の調和のとれた海岸保全、地すべり、土砂災害等への取組が行われています。
電気通信

電気通信・情報ボックス

現在、国等において道路管理に必要な各種情報をオンライン・リアルタイムで収集・提供するため、光ファイバーネットワーク及び CCTV カメラ・道路情報提供装置等の整備が行われています。
圃場整備

圃場整備

圃場整備(ほじょうせいび)とは、耕地区画の整備、用排水路の整備、土層改良、農道の整備、耕地の集団化を実施することによって労働生産性の向上を図り、農村の環境条件を整備することです。
調査測量

調査・測量

以下に、弊社の主な業務実績を紹介します。
KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

現場技術業務等

「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が施行され、公共工事の品質確保が今まで以上に求められています。  弊社では、土木工事の現場技術業務(工事管理)等を受託し、工事の工程、品質、安全及び出来形等に関する施工管理を行っています。